静岡市での葬儀なら(株)石萬へ ~霊柩車の種類~

2020/02/04 殯ブログ

2020年4月1日から静岡市静岡斎場で使用できる霊柩車は、

ハイエースバン型6名乗り1台だけになります。

ゆくゆくは市で管理する霊柩車は廃止なってしまいます。

 

 

そこで今日は霊柩車のお話。

主に3つの種類があります。

 

 

●宮型霊柩車

 今では、滅多に見なくなりましたが、昭和~平成初期までよく見られた霊柩車になります。

特徴としては、

最近では、特徴的な外観が目立ち葬儀場周辺の住民が快く思わない、また、家族だけでお葬式をするのに

外観が目立ち敬遠されています。

日本で使用されない宮型霊柩車は、海外で活用されるケースもあるようです。

 

 

●洋型霊柩車

 洋型霊柩車は、外観の装飾をしていなく柩を載せられるように長くした霊柩車です。

洋型霊柩車が使われ始めたのは、1989年昭和天皇大喪の礼の葬列の時、テレビ中継され

洋型霊柩車の認知度が高まったとも言われています。

 

 

●バス型霊柩車

 バス型霊柩車はマイクロバスを改造して、柩と家族・親族が15~20名乗車できる霊柩車になります。

火葬場まで故人と家族などと一緒にご移動できます。

 

 

 

静岡市では宮型霊柩車は少なくなりましたが、

バス型霊柩車、洋型霊柩車はよく走っています。

 

事前相談やお葬式の出棺の時に霊柩車に注目してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

石萬でも随時、事前相談受付ております。

ご予約・お問い合わせは下記をご覧ください。

 


 

~少人数から、家族葬、一般葬まで

心をこめてお別れのお手伝いさせていただきます~

 

株式会社石萬

TEL.054-251-4242

事務所/静岡市葵区川越町2-6

 

セレモニー会館殯(もがり)

TEL.054-266-5555

会館/静岡市葵区新通2-4-7